June 24 2018

 サッカーワールドカップ ロシア大会が始まりましたね。日本の初戦は同期の家で観ました。普段サッカーは観ないボクですが、日本代表ニワカなのでこういう時は熱しやすく、大会終わったらすぐ冷めます。(Jリーグも観ません。つか実家が某クラブのホームスタジアムまで10分ですが・・・)
 
 さて、本題に戻りまして、前回の続き

May 1 2018 (シアトル航空博物館)

老人(退役軍人)の背中が語ってる
 

 シアトル中心部より少し南に位置する「シアトル航空博物館」は、他の航空博物館(スミソニアンとかデイトンとかペンサコーラ)と違い、有料です。地味に高いし・・・。
 まぁ、飛行機ファンからしたらはした金なんでしょうし、正直これまで航空博物館で入場料を払ったことないので1回くらいは良い機会かなと。(映画鑑賞1回分くらい)
 

 航空機の黎明期から始まり、こういう平和的に使われてた(郵便)戦前のセスナ機や
 

 セガールもびっくりのM-21(SR-71の派生機)。おまけのD-21(無人偵察機)が乗っかっています。世界でここだけ?アメリカのソ連絶対殺す姿勢(これは偵察機ですが)の雰囲気ヤバいです。
 
CL-13BSabre Mk.Ⅱ VS Mig-15
(どっちがどっちかもうわかんねぇなコレ)
 
 他の博物館より大戦機は少ないですが、最低限のラインナップ(ヒューイン&ファントム)ぐらいはあるので、是非どうでしょう。宙吊りの飛行機は、天井がガラスで逆行になりやすく写真撮りにくいなりぃ・・・。地味にヤバい機体(SCAN EAGLE)もぶら下がってるのでヤバい(語彙ェ)
 
 隣の建屋に移動すると、日本国民の敵であるB-29 SUPER FORTRESSが鎮座しています。ボーイングのお膝元シアトルならではの光景(まぁ大戦機の代表格だし)
 
 
核のトランスポーター WB-47E STRATOJET
 
 ひたすらボーイングばかりでワイ青ざめる。(ダグラス機もあるよ!あ!マクダネルになったあとボーイングに喰われたっけ! )
 
 なお、これまで巡った航空博物館に唯一なかった機体が展示されてます!
 
BOEING 787(試作飛行用3号機)
 なんか出張に来た感あっていまいちワクワクしない・・・。内装も現行品だし・・・。
 
ファーストクラス
 
 んでグっときたのが、BOEING 747-100(初号機)
でかいのにえもいわれぬフォルムすこ(747SPが好きですが)
(キャプテンとスチュワーデスはマネキンです)
 
改造車のカーボンボンネット的なアレに見えてかっこよく見えません?
 
っていう感じで、専用ページでほとんどの展示機をそのうち紹介します。
 

May 2 2018 (シアトル市街)

 
 
  レンタカーあるので街中2,3時間ぐるぐる回ってました。やることは特にないけどAmazon本社見てきました。 偉い人たちの考えることはよくわかんないです。
 
で、ホテル戻る前に一番高い建物( コロンビアタワー)に来ました。やっぱ観光に来たので街を一望したいわけですわ。
 

左手前は地元NFLシーホークスのセンチュリーリンク・フィールド。奥はイチローのマリナーズのセイフコフィールド

まぁ、ガチ観光客には「 スペースニードル」なんていうスカイツリーっぽいランドマークがありますが、こっちのほうが断然いいと思います。シアトルを訪れた際は是非寄ってみてください。
 
コーヒー缶でおなじみの「マウント・レーニア」
 

May 3 2018 (大リーグ観戦 マリナーズxアスレチックス)

 
 GWにシアトル行くのが会社の人にバレてたので、現地駐在員に「やってもらいたいことあるんだよ~。会社来てよ~」って言われてたので、GWでも社畜魂全開でシアトル某所で仕事した後(労働局~!海外は管轄外か!)、せっかくだからってことでSAFECO FIELD(セイフコフィールド)に大リーグ観に来ました。人生初野球場!というか人生初スポーツ系のドームです。(すべておごってもらった。当然だ)
 
 イチロー以外知らないですが、酒パワーも借りて観てると結構面白いですね。特に、微妙な判定に対するブーイング→ビデオ判定→誤審でした!→イェ~ィ!!!!!って流れが意外と多くてワロタ。(なおイチローはいつもどおり不発の模様・・・)
 
 この日の夜にイチローのなぞ役職(会長付特別補佐)のニュースが流れました。運がいいのか悪いのか。
 
そんなこんなのGW(2ヶ月近く前の話)でした。アメリカは日本のGWが一番良い季節なので、是非どうぞ。