新しい家族が増えたよ←

2021年07月05日

 

梅雨っていうか熱帯林じゃねーのかココっていうぐらい、雨が多い今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。
業績不振により去年より額が下がったボーナスですが、一応支給されましたのでここにその報告と合わせ、家族が増えたのでご報告いたします。
ちゃんと役所(関東総合通信局)に出生届け出(技適番号の申請と送信機の追加)をして増やしました()
もうお分かりでしょうが、無機物です。。。


似たような機械が隣に並んでますが、そうですね、まぁ似たような無線機です(震)
まぁ界隈でも「同じだろこれ?」って言われてて正直アレなんですが、使ってみたら色々と大きな違いがあることが判ったので、簡単にまとめました。

ID-52(右)を買いました。
代わりにFTM-400XDHを売って購入資金の足しにしました。

ID-52の大きさや重量、送受信範囲云々はメーカーページでも見てください。
買って少し使いましたが、注目すべきポイント3つについて紹介したいと思います。


①受信可能なGPSと精度について
まぁ、GPSの補足が速いのなんの。
上のID-51PLUSとの比較の画像でも分かる通り、コールドスタートして1分足らずでID-52側は8つのGPSを補足しました。

この時点でID-51は3つのGPSを補足。使えませんね(急に厳しい奴)
知っての通り、GPS測位の為には4機以上の衛星の電波を受信しないと正確な位置の割出しが出来ません。この辺はGPS航法装置にも関係するので、航空無線通信士の試験に出ます。覚えといて下さい(なに)


ひと時話題になった「準天頂衛星システム みちびき」の電波(PRN193 QZS-1)を受信出来るので、精度が良いでありんす。
なんでか知らんが、ロシアのGPS衛星(GLONASS)もおまけに補足出来る仕様(謎)
抑留ユーラシア大陸行ったら使ってくれメンス?


②プリセットメモリの数について
すごく豊富です。
自分で頭が三才ブックスで調べて入れて入力して、フォルダ仕分けるのとかクソだるい作業がなくなりました。


正直、航空とかキモいので割とどうでもよかった。そういう人たちは気持ち悪いAORとか持ってるだろうし別にアマ機に要らんだろ(偏見)
本機は、鉄道系が全部網羅されてて便利だし、特小もきっちりメモリされてて激しくワロタ。
おまけに国際マリンも入れてあるとかマジ神。
これでスタバのおねぇちゃん達の会話が聞ける!(キモすぎ)


③機能・利便性について
まぁBluetoothだよね。Bluetoothヘッドセットが使えるから、スタバでエドシーラン聴いてる振りしておねぇちゃん達の会話が聞ける(キモすぎ)
THD-74が出た時も衝撃的で、そんな妄想をしました(白目)

冗談はさて置き、RS-MS1IがリリースされたことでiOSとのBluetooth接続が可能になりました。
これまでAndroidしか選択肢がなかったので超朗報。
スタバで無駄にipad開いてインスティチュートなテクノロジーの勉強してると思わせながら、実は気持ち悪いDRモードで画像通信やってるなんて、ホント気持ち悪くて良い(冗談はry

まじめな話、災害時に携帯キャリアの通信がぽしゃってても、音声を始め画像やテキスト送信が可能なので、地球が終わるその瞬間までCB無線じゃなくて先進的な交信が出来るYO(ネタが古い

ID-51PLUSにはなかった(PLUS2にはありますが、小生は保有してない)ターミナルモードやアクセスポイントモードも備わってるので、外出先からの遠方アクセスがより身近になりますね。
正直、これ目的でID-52を買いました。上で紹介した①と②は、使い始めて初めて知った()
とりあえずID-51PLUSを買ったとき以上の満足がありました。

ID-52PLUS2を持ってる人にはBluetoothしか付加価値はないですが、ID-51無印やPLUS2なんて出るわけないと思って買った瞬間にPLUS2がリリースされて悔しかった無線家には、非常にオススメの1台です。

そんな日々


 


アマチュア無線 ID-51 ID-52 D-STAR GPS